manga27一番おもしろく、また思い出深いのはジョジョの奇妙な冒険というマンガです。かなり長い作品で、各部に話は分かれているのが特徴です。とはいえそれぞれ人間賛歌がテーマとなっていて、人の素晴らしさを描いた作品でもあります。
特殊能力が特徴的で、1部と2部では波紋と呼ばれる能力を、3部以降はスタンドと呼ばれる超能力が登場します。他の作品には類を見ない能力で、独特な駆け引きが戦いに生まれています。また能力だけでなく、人が持つタフさであったり、精神力などを重点的に絡めていくシーンも多いです。
ホラーやミステリーなどを取り入れているのが作風で、そういったジャンルの映画が好きな人にオススメしたいです。危機感が非常に高い作品で、敵の能力が発言する直前での緊張感はとてもリアルです。擬音などでもその緊張感を表現しているので特徴的な部分の1つでもあります。 Read More

Tags : | 一番おもしろかったマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』 はコメントを受け付けていません。

怖くて気になるノンフィクション本『毒婦。』

Posted by owner on 土曜日 11月 7, 2015 Under ブログ

book272009年に逮捕された木嶋佳苗。
詐欺、詐欺未遂、窃盗、殺人の罪に問われ、メディアでも連日取り上げられていました。
『毒婦。』は2012年から始まった木嶋佳苗の裁判員裁判を傍聴した著者・北原みのりさんの傍聴記です。
つまりノンフィクション本に分類されるものです。
しかし、読み進めるうちに「現実は小説より奇なり」という言葉通り、なんだかフィクションのような感覚すらしてきます。

著者が女性だからこそ気付く被告の細かな仕草やファッションが描かれていて、一連の事件がまるで物語のように思えてきました。 Read More

Tags : | 怖くて気になるノンフィクション本『毒婦。』 はコメントを受け付けていません。