障害年金の問題点とは?

Posted by owner on 土曜日 6月 2, 2018 Under 健康

お年寄りが貰うものであると誤解されがちな障害年金ですが、ある傷害に当てはまっていたり、また条件に当てはまっていれば、支給されることがあります。生活に支障が出てしまった場合に、支給される障害年金ですが、いくつか問題点があります。

まず、その仕組みが色々と複雑すぎてわかりにくく、把握することが出来ていないという方が多いというのが、一つ目の問題となっています。
障害年金に関する法改正は、何度も行われていて、それによって現状のものと以前からのものが入り交じり、大変複雑な状態になっています。さらにどの程度の障害であればいくらもらえるのかというのが明確にわかりにくくなっているといえるでしょう。現状では、支給することが出来るのにもかかわらず、申請されていないという方もいるようです。
また、障害年金とは本来、社会的なハンディキャップなどを全て含めて評価するべきものなのにもかかわらず、単に医学的なレベルだけの障害にとどまっており、本当に必要な人に支給されていないというケースも多々あるという問題点があります。相談をしても、その程度ではもらえないとはねつけられてしまったりと、そういったケースもあり、相談できない方もいるようです。

Comments are closed.