労災保険認定までの道

Posted by owner on 火曜日 6月 13, 2017 Under ビジネス

rousai27私の会社は工場でもなく、基本的にオフィスで労災認定を受けるような事象はほとんどないといえます。実際にまれにあるのは通勤中の事項といったところです。自分自身も労災保険にかんけいすることなど一生ないと思っていましたがそんなことはありませんでした。

ある会議の準備をしていた時にテレビ会議システムをなんと足の上に落してしまい、小指を骨折してしまったのです。
事故を起こしてすぐに健康管理室に応急処置をお願いすることにしました。すると骨折の恐れがあるので病院に行ってくださいとのこと。さらに明らかに業務上の事故で労災認定が下りるので近所で労災の受付をしてくれる病院を探してくれました。
結果的に探してくれた病院に通うことになりました。
実際には骨折なので固定してもらい、毎週経過措置で通いました。最終的には病院に「中止」というところまで処理。会社から労災保険のための書類を渡され、書き込み。
これで終わりかと思いましたが最終的に自治体の担当部署から書類を預かって、それに記入を行って最終ということに。
確かに費用としては助かりましたがこれほど書類提出が大変だということはまったく認識していませんでした。
しかし、本当にありがたい制度です。

Comments are closed.