車の修理はやっぱりディーラーへ

Posted by owner on 金曜日 12月 21, 2012 Under 自動車

車修理私の以前の愛車は軽自動車で長年愛用していました。結構年数も経っていたせいかある時突然エンジンがかからなくなりました。
何度キーを回しても車がうなるだけで、いよいよ車の修理に出さなくてはならないのかと思っていました。その時車の会社に勤めている友人を思い出し見てもらう事になりました。一時間ほど見てもらうと彼はエンジンがもう駄目になっているから、エンジンを交換したほうがいいと言われました。特別にエンジンを探してあげると言われたので待つ事にしました。なんと致命的な故障だと思いました。彼からはなかなか連絡が来なかったので、電話してみるとなかなかいいエンジンが見つからないと言うのです。困った私は久々にキーを回すとエンジンがかかったのです。
そのまま恐る恐るディーラーの車の修理工場へ持っていったのです。調べてもらった結果、タイミングベルトが劣化しているだけでした。危うく私は彼の言う事を信じてエンジンを修理してもらうところでした。やはりこういう事はきちんとしたところで診断してもらう事が一番だと思いました。

Comments are closed.